1. トップページ
  2. サービスメニュー
  3. ストレスチェック運用のポイント

ストレスチェック運用のポイント

何が企業の義務なのでしょうか?整理してみましょう。

  • ✔ 実施者は産業医が望ましい。
    企業の健康管理は産業医の役割です。是を機に産業医の活動を見直し、適正な産業医活動を見直しましょう。
    →適切な産業医をご紹介します!
  • ✔ 結果を出すことだけが「ストレスチェック実施」ではありません。
    個人結果を返却した後の「高リスク者が希望する事後面談」までが(当面の)企業に義務化された役割です。
    →面談希望者への対応、面談実施までサポート!
  • ✔ 法令化の目的は「職場環境改善」です。
    高リスク者への対応という二次予防だけではなくストレス要因軽減のための「職場集団分析」が義務となります。
    →職場分析から職場環境改善につなげます!
  • ✔ 個人情報を守りながら個人面談+職場分析の実施は容易ではありません。
    社内担当者による実施運用はかなり難しく、社内の健康管理スタッフ、外部機関との連携がポイントです。
    →CHRの運用のノウハウ、運用システムにおまかせください!
  • ✔ メンタルヘルスの専門家に相談する体制つくりがこの法案の目的です。
    職場のメンタルヘルスの経験が豊富な専門家に相談することが社内の安心につながります。
    →CHRの専門家、サポート体制がバックアップ
要因が明確になるので改善目標と効果がみえる!職場改善でのチームワークでコミュニケーションに効果!良い改善モデルを社内で共有!

貴社の体制構築を、メンタルヘルスの専門家がお手伝いします

体制構築の手順
  • ① 実施者を定める
    ・産業メンタルヘルスの対応可能な産業医、または外部機関への委託
  • ② 安全衛生委員会で「ストレス調査実施内部規定」を定める
    ・質問項目を決める
    ・面談基準を決める
    ・面談は誰がどのように行うか
    ・調査実施方法・データの管理のインフラをどうするか
  • ③ 職場分析結果の取り扱いと職場環境改善実施
    ・職場分析結果返却についての体制

CHRがお手伝いできること

  • ① ストレスチェック「実施」のみ(調査実施~結果返却)
  • ② 高ストレス者「面接指導」(全国の精神科医が担当)
  • ③ 「実施者」引き受け(実施者=CHR有資格者)
  • ④ 「共同実施者」(実施者=貴社産業医+共同実施者=CHR有資格者)
  • ⑤ 「実施事務従事者」引き受け(CHR専門スタッフ)
  • ⑥ 「集団分析」職場改善支援(提携専門家)
  • ⑦ その他、貴社でお困りのこと
→①~⑦ いずれも貴社産業保健スタッフの方と 連携しながら運用を行います。 ストレスチェック制度検討委員の精神科産業医が指南します!
電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル 06-6948-8111

【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)

Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る

電話でのお問い合わせはこちら

06-6948-8111

【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)