パワハラ防止法支援サービスのご案内

2022年5月までにCHRハラスメント相談窓口『ハラスメントの窓』をご契約の企業様は、30,000円の担当者研修が無料になる支援サービス実施中です。
パワハラ防止法支援サービスご案内
【対象サービス】CHRハラスメント相談窓口『ハラスメントの窓』をご契約の企業様
【特典】30,000円の担当者研修が無料
【申込期間】2022年5月31日(月)まで
CHRハラスメント相談窓口の特徴
ハラスメント相談窓口

精神科医、弁護士、公認心理師、臨床心理士、産業カウンセラーなど、ハラスメント問題の専門家がサポートを行います。

相談者のサポート
ご相談者様の悩みを傾聴し、会社への報告の相談もおうかがいします。

企業担当者のサポート
会社への報告に同意いただいたケースをご報告、企業担当者様の対応をサポートいたします。

職場環境改善サポート
ハラスメント対策には、職場のコミュニケーション改善や管理監督者によるラインケアが大切です。
担当者の方と一緒に職場環境改善を検討します。

ハラスメント社外相談窓口『ハラスメントの窓』
パワハラ防止法の対応はお済みですか? 2019年5月に成立した法律で、2020年6月から大企業に、 2022年4月から中小企業に施行されます。 相談窓口の設置や、パワハラ発生時の適切な事後対応などが義務付けられます。 「パワハラ...

 

オプションにて企業様の体制整備もサポートいたします!

・2022年5月までにお申込み頂いた企業様には、企業担当者向け研修会を無料で開催します。
・毎月カウンセラーとともにケース検討ができます。
・管理監督者向けハラスメント研修も実施します。

<ご相談の流れ>

 

パワハラ防止法(正式名称:改正労働施策総合推進法)とは

2019 年5 月に成立した法律で、2020 年6 月から大企業に、2022 年4 月から中小企業に施行されます。
同法施行により、企業(事業主)は職場におけるハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を講じることが義務となり、適切な措置を講じていない場合には是正指導の対象となります。

雇用管理上必要な措置の具体的内容としては、
・企業(事業主)によるパワハラ防止の社内方針の明確化と周知・啓発
・苦情などに対する相談体制の整備
・被害を受けた労働者へのケアや再発防止 等
が挙げられます。

罰則規定はありませんが、パワハラが常態化して改善が見られない企業は、企業名が公表されることが決定しています。

お問い合わせ・お申し込み

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
電話:03-6268-8157 【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

(C) Japan Corporate Health Responsibility Consulting Co.,ltd All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました