ハラスメント社外相談窓口『ハラスメントの窓』

ハラスメント相談窓口 サービス

パワハラ防止法の対応はお済みですか?

2019年5月に成立した法律で、2020年6月から大企業に、
2022年4月から中小企業に施行されます。
相談窓口の設置や、パワハラ発生時の適切な事後対応などが義務付けられます。

「パワハラ防止法」での相談窓口が満たすべき要件とは?

相談窓口を設置するとは、
「窓口を形式的に設けるだけでは足りず、実質的 な対応が可能な窓口が設けられていること」とされています。
これは【実質的な対応が可能な窓口】かどうかがポイントです。
実質的な対応とは、相談窓口担当者が、
相談の内容や状況に応じ適切に対応できるようにすることです。
具体的には下記のような取り組みが必要となります。

● 相談窓口の担当者が相談を受けた場合、その内容や状況に応じて、相談窓口の担当 者と人事部門とが連携を図ることができる仕組みとすること。

● 相談窓口の担当者が相談を受けた場合、あらかじめ作成した留意点などを記載した マニュアルに基づき対応すること。

● 相談窓口の担当者に対し、相談を受けた場合の対応についての研修を行うこと。

CHRの『ハラスメント相談の窓』は、
上記をお手伝いするためのサポートが充実しています

CHRハラスメント相談窓口の特徴

相談者のサポート

企業担当者のサポート

職場環境改善サポート

精神科医、弁護士、心理師などのハラスメント問題の専門家がスーパーバイズ

ご相談の流れ

 

お申し込みからご利用まで

お問い合わせ・お申し込み

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
電話:03-6268-8157 【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)

フォームでのお問い合わせはこちら

(C) Japan Corporate Health Responsibility Consulting Co.,ltd All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました