1. トップページ
  2. CHRについて

CHRについて

「CHRってなに?」
そんな疑問をお持ちの方も多いかと思います。
このコンテンツでは、そんな疑問をお持ちの方のために、用語の解説や、CHRの必要性をご説明いたします。

CHR(Corporate Health Responsibility)とは?

「CHR」とは、「Corporate Health Responsibility」の略で、CSR(企業の社会的責任)同様、「企業の従業員に対する健康責任を意味し、これらの改善は企業の生産性はもとより、従業員のワークライフバランス向上に向けた、「健康的な心身」「健康的な生活」「健康的な思考と行動」を維持するための企業活動です。

仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスを抱える人は増加傾向にあり、心の不調による休職や離職もまた増加しています。働く人たちがその持てる能力を発揮し、仕事や職場で活躍するためには、心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)への取り組みが一層重要になってきました。

心の健康管理には、一人ひとりが自らの役割を理解し、ストレスやその原因となる問題に対処していくことが大切です。また、雇用する企業としても、社会的責任の履行、人的資源の活性化、労働生産性の維持・向上を図るうえで、社員のメンタルヘルスケアについて組織的かつ計画的に取り組む必要があります。

健康な日本へ、企業から

企業のサスティナビリティに本当に必要なのは、あらゆるステークホルダーの生活の質の向上です。

専門家による総合連携サポート

企業におけるメンタルヘルスマネジメント

昨今の日本国内におけるメンタル不調者の増加は、企業にとって生産性の低下、コスト負担増はもちろん、次の不調者の連鎖など、企業の生産活動の大きな影を落としています。 また一方で、早くからメンタルヘルスに対する対応に着手した企業は、明るい職場環境から従業員が高い満足度で企業貢献をすることで成果が出ています。心身ともに健康に働くことは企業の生産活動の基本であり、従業員の健康管理のための仕組みづくりを行っているという発信により、従業員のモチベーションが高まり、企業のイメージの増加につながります。

従業員が明るく健康的に業務に従事できることが企業にとっての責任です。環境や健康リスクに対するマネジメントは、長期的かつ安定的な企業の将来価値として予測されることとなり、無形資産の概念は今後益々増加します。

従業員に健康上の問題があった場合、生産性の低下はもちろん、企業責任として大きなリスクが発生します。企業と従業員の良好な継続的な関係のために、企業は、経営管理下に「健康管理」をおくことは、今や当然といえるでしょう。

電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル 06-6948-8111

【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)

Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る

電話でのお問い合わせはこちら

06-6948-8111

【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)