精神科産業医契約

サービス

産業医がいる企業様、いない企業様に合わせて、おすすめの体制を支援します。
企業のホームドクターである<産業医>を中心とした産業保健体制の整備をお手伝いします。

こんなお悩み、ありませんか?
  • 産業医はいるがメンタルヘルスは専門ではない企業
  • 社内のメンタルヘルス体制作りを進める必要がある企業
  • メンタルヘルス不調者を出したくない、減らしたい企業

産業医とメンタルヘルスの体制をサポート
  • メンタルヘルスだけではなく安全衛生全般に産業医としての活動をバックアップします
  • 復職時の判定がよりスムーズに行うため再発を減らすことにつながります
  • 定期的な面談により早期発見、早期治療の効果が高まります

産業医の活動内容

  • 職場巡視
  • 面談(過重労働、定期健康診断、メンタル不調など)
  • 各種委員会への参加(安全衛生委員会、復職判定委員会)
  • 担当者への指導(人事労務者、産業保健スタッフ)
  • 主治医との連携
  • その他、健康増進のための研修、指導など

取り組み例

ある企業様の例では<産業医>+<嘱託精神科医>による支援体制を構築。
「メンタルヘルス問題が増えてきた」「産業医の専門がメンタルヘルス以外」という企業様には嘱託精神科医が貴社のメンタルヘルスをサポートします。

メンタルヘルス問題対応システム

メンタルヘルスの対応は、専門家である精神科医が適切な診断や対応のアドバイスをすることで「再発予防」「スムーズな復職」につながります。
主治医の診断書だけでははなく、産業医の意見・嘱託精神科医の助言・職場の意見・人事労務の視点による<復職判定委員会>で企業の責任による決定をおこないます。

 

ココが違う!!CHRの適性・適職検査

現在の貴社の産業医とメンタルヘルスの体制の状況に応じて必要な支援と問題解決を行います。
【A:外部顧問としてアドバイス】【B:嘱託精神科医としてサポート】【C:貴社の産業医として判断・対応】
貴社のご希望、予算に応じて可能な体制を整えていきます。

精神科医が助言、アドバイス
 
嘱託精神科医として産業医と連携
 
貴社の産業医として活動
 

 

産業医は企業の産業保健体制のキーパーソンです

よい産業医選びのポイント・求められる能力

  • 問題解決能力として解決のための知識や人脈がある
  • コミュニケーション能力、アレンジ力がある
  • 自分の専門分野以外でもトリアージ能力がある
  • 業務が増えることを拒まない、労力を惜しまない
  • 企業を一緒によくしようという意識と責任感がある
メンタルヘルスはもちろん産業保健体制全般の見直しなど
社内体制のご相談はお気軽にどうぞ

お問い合わせ・お申し込み

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
電話:03-6268-8157 【受付時間】10:00-17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

 

(C) Japan Corporate Health Responsibility Consulting Co.,ltd All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました